正規留学

オーストラリアの大学や専門学校に進学。 本格的に様々な分野での勉強や研究をするための長期留学プログラムです。
しっかりとした計画を立てて、実りのある留学を実現させます。

オーストラリアの初等・中等教育

オーストラリアの初等~中等教育(日本でいうところの、小学校~高校)は12年制ですが、日本のような6年、3年、3年…という区切りではなく、 州によってそれぞれ異なる独自のシステムを持っています。 通常は、準備学級(Preparatory Year)を経て、1年生から6年生(または7年生)までが小学校、 7年生(または8年生)から中学・高校に入学し、12年生になるまでが学校教育となります。 中学・高校は一貫教育になっており、2つ合わせてセカンダリースクール(Secondaty School)、またはハイスクール(High School)と呼ばれています。
義務教育の期間は学年ではなく、6歳~15歳(タスマニアのみ16歳)までと年齢で定められており、 一般的には、義務教育は10年生で修了します。10年生を終えた時点で進学できる専門学校もありますが、 大学や専門学校に進学を希望する人は11・12年生に進み、将来進む道を考慮して専門分野に沿った選択科目を履修していくのが一般的です。

入学要件

基本的には、英語力のレベルと学業の成績が入学条件となります。
通常5段階評価で平均3以上の学業成績が必要です。 英語力の方が充分でない場合は、学校の指示に従い、まず集中的な英語のトレーニングを受けます。

年間学費の目安

学費は州や学校、または留学期間などによっても異なりますが年間$8,500~$20,000が目安です。

<< 前のページへ || 次のページへ >>

acc